試してガッテン!ゼニカルダイエット
ゼニカルダイエットをする女性

美容業界やTVでも有名なゼニカルの効果や副作用をご説明します。

40代のダイエットにゼニカル・背伸びの効果

40代は太りやすくなる年代です。新陳代謝が高いのは10代までで、20歳をピークにその後は減少していきますが、40代はかなり減少しています。
20代、30代の頃よりも何倍も太りやすくなっているということです。
さらに、40代は重要な役職につくことも多くなりストレスが溜まります。仕事付き合いでの飲み会も増えるなど、痩せにくい体にも関わらず、太りやすい環境になってしまいます。
この年代に必要なのは、カロリー摂取量を今までよりも減らすことです。しかし、いきなりカロリーダウンの食事をするといっても難しいものです。そういう人に向いているのが、ゼニカルを使ったダイエットです。ゼニカルは世界的に使われている肥満治療薬で、腸で働き脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害することで脂肪を吸収出来ないようにします。リパーゼ酵素の働きを人為的に止めて消化不良状態を作り出すので、人によっては調子が悪くなることもありますが、中枢神経に働きかけないので安全に使えると言われています。
ゼニカルを使うと、例えば100kcal分の脂肪分をとった時の摂取カロリーが70kcalで済みます。残りの30kcalは食べなかったこととして体外に排出されます。
ただし、ゼニカルは直接脂肪を燃やすような働きはないので、他のダイエット方法と組み合わせて行うのが効果的です。費用がかからず簡単に出来ることで人気があるのは、背伸びダイエットです。方法は簡単で、食事の前に背伸びするだけです。朝、昼、晩の食事前に1分間だけ背伸びすればOKです。背伸びをすることで背中の筋肉を鍛えることが出来ます。背中の筋肉は基礎代謝に関係する赤筋で構成されているので、背伸びをして赤筋を鍛えることで痩せる効果が出ます。